引き戸のメリットをまとめてみました

新築やリフォーム時に、室内ドアをどんなものにするか迷うところですが、各室内ドアもそれぞれに適した場所があります。間違った選択をした場合には、生活をする上で使い勝手が悪かったり、危険度が高くなってしまうこともありますので、十分に注意して決めたいものです。小さな家の室内を有効に使い切るため、また、バリアフリーリフォームなどの時には引き戸が採用されることが多いです。開き戸との最大相違点は、扉が邪魔にならず、扉の可動域のためのスペースが不要だということです。また、「片引き戸」「引き違い戸」「引き込み戸」の三種類があり、一般的なものは吊り戸ではなく、敷居を造作し金物レールをセットした仕様となっているものが多く、将来のリフォーム時に敷居があることで部屋ごとの床材張替がしやすいといったメリットもあります。

収納スペースに多い片引き戸、引き違い戸とは

片引き戸とは、中でも一番多く採用されるタイプであり、開けた際にドアをスライドさせるスペースを壁に持つドアのことをいいます。キッチンのパントリーなど、周りが狭い空間である場合に開けっ放しで使えますので、非常に有効です。開閉する際に、開き戸のように体も動かさなくてはならないということがありませんので、高齢者・身体の不自由な方・幼児にも使いやすいドアです。風通しなどで少しだけ開けておくことも可能ですし、風の強さで勝手にバタンと閉まってしまうこともありません。また、子供部屋に採用した場合には、様子を把握しやすいということもメリットの一つです。引き違い戸とは、左右両方から引いて開けられるタイプで、2枚の扉設置スペースを取り、扉も2枚設置するものです。これらのスペースだけを使うため、ドアの両側の壁を電気のスイッチ設置などで使えるのがメリットです。

空間を広く使える引き込み戸とは

引き込み戸とは、戸を壁の中(戸袋)に引き込むことのできるドアのことをいいます。扉を開ける時に壁の中に収納されるため、両側の壁を使うことができ、狭い空間同士では扉を開けると部屋が繋がるので、目線もスペースもとても広がりを持たせることができるのが最大のメリットです。リビングと屋外ウッドデッキを繋ぐ扉を引き込み戸にすると、開放感が抜群です。扉の姿が見えないことによりデザイン性にも優れ、スッキリして見えます。また、両側の壁が使えることにより、家具などの配置もしやすくなりますので、インテリアを楽しむ余裕も生まれます。引き込み戸は裏面から見た場合にも扉はすっかり隠れて見えませんが、扉を出して間仕切り・壁として使う場合には、扉のデザインに気を付けたいところです。最近では洋風の引き込み戸デザインも多く出ています。

商品のお問い合わせはお電話・インターネットで受付中! 「リフォームおたすけDIY」では、新規会員を募集しています。 施主支給なら、施主こだわりのアイテムがご自宅に取り入れることが出来ます。 施主支給のメリットは、住宅設備の選択肢が広がりより自分好みの家に仕上がること。 「リフォームおたすけDIY」は商品のみの場合は、5~10日程度でお届けします!引き戸の購入をお考えの方は【リフォームおたすけDIY】へ