引き戸のメリットとデメリットを比較

住宅内に採用する戸のタイプには様々な種類があります。戸と言うのは、部屋から部屋へ、あるいは部屋から廊下などに移動する際に使用するためと言う役割以外にも、部屋と部屋を区切る、老化などから室内を見えないようにすると言う役割も持っています。そのためそれぞれの戸の特徴や使い方を把握し、住宅の広さや部屋の位置などを踏まえた上で適切なものを選択しないと、生活の利便性の低下にもつながる恐れがあります。では、戸の具体的な種類に関してですが、まずは開き戸が挙げられます。これは一般的にはドアと呼ばれる戸で、最も馴染みがあり、多くの住宅に採用されている戸だと言えます。そしてもうひとつは引き戸です。開き戸と対をなすような形であるこの種類の戸も、一般住宅には多く採用されています。

引き戸のメリットとは~部屋を広く使うことができるなど

まずこのタイプの戸のメリットとしては、空間を有効利用できると言う点が挙げられます。開き戸の場合、開いたドア分のスペースが必要ですが、こちらのタイプはそれが不要です。そのため比較的、狭いスペースでも戸によって空間が更に狭くなると言うことはありません。またこの戸を開くことで、部屋と部屋の仕切りがなくなり、ふたつの部屋をひとつの部屋のように利用できると言うのもメリットです。このことは、車いすなどを利用することになった際にも、とても大きなメリットになります。そして開き戸のように風の影響を受けにくいので、開閉が安心であると言う点もメリットです。開き戸で風に煽られて閉まってしまった場合、そこに指を挟んでしまうというリスクも潜んでいますが、こちらのタイプはそのようなリスクとは無縁です。開き戸のように、開閉にある程度の力を必要としない、軽い力で開閉がしやすいと言うのもメリットです。

引き戸のデメリットとは~開閉時の音など

反対にデメリットですが、このタイプは戸車が設置されたレールを転がることで開閉します。よってその際にはどうしても音がしてしまうので、それがデメリットのひとつとしては挙げられます。騒音と言うほどではありませんが、経年により戸車とレールの滑りが悪くなったりすると、その音がますます大きくなることも予想されます。それから部屋と部屋の区切りとして考えた時には、こちらのタイプは開き戸よりも気密性や遮音性には劣ると言うのもデメリットです。ただこのふたつに関しては、それに配慮された引き戸もあるので、それらを利用することで軽減することができます。また掃除が大変であると言うのもデメリットです。戸を開けた時に、その戸が収納される部分である戸袋にはゴミが溜まりやすいです。しかし狭く、手が届きにくい部分なので、簡単には掃除がしにくいと言うデメリットがあります。