昔ながらの引き戸の魅力はこんなにあった

住宅を建てるとき、外壁や屋根、部屋の間取り、内装、設備機器など様々なものを選ばなければなりません。家の外観はこんなイメージにしたい、部屋の壁や床の色や質感はこんな風にといった具合にいろいろと思い描いて選ぶ楽しみを感じながら様々なものを決めてゆくことになります。念願のマイホームを建てるときの大きな喜びですが、意外と室内に出入りする扉に関してはデザインにはこだわってもその機能にそれほど真剣にこだわることなく選ぶ人が少なくありません。でも、実際にそこで生活するに当たっては玄関から始まって各部屋への出入りのための扉が使いやすいかどうかということは、生活しやすさと直結した問題です。そんな大切な扉には大きく分けて昔ながらの横に引いて開閉するタイプとドアノブを握って押したり引いたりすることで開閉するタイプの2種類があります。

引き戸は和室に設置するものというイメージは間違い

引き戸というのは昔から日本の住宅で使用されてきた横に引くことで開閉するつくりの扉です。ふすまや障子に代表されるように、古くから日本の住宅で使用されてきた扉の種類なので、家の中に取り入れるときにはなんとなく和室向きの建具というイメージを持ってしまいがちです。けれども現在はその使い勝手の良さが見直され、和室だけでなく様々な空間に利用される機会が増えています。たとえば玄関の扉というとドアタイプの開き戸が一般的なのですが、開閉のしやすさや開け閉めに場所をとらないといった良さが見直され玄関に採用するという家庭も増えています。日本家屋に設置するイメージが強かったのですが、最近の製品は見た目にもとてもモダンでおしゃれなものも増えており、和風のイメージばかりではなくなっています。

引き戸にすることでこんなに便利なことがたくさん

なんといっても引き戸の良いところはたとえば廊下などに使用するときに扉を開けた状態であっても、人の出入りを妨げることなく使用できるというところです。開き戸のように開閉するために外側あるいは内側にスペースが必要ないので開け閉めのときにぶつかる心配もありません。開けたままにしておくことも簡単で、少しだけ換気のために開けておくといった使い方が出来るのもこのタイプの特徴のひとつです。限られたスペースでも開口部を広くとることができるので、玄関を出てすぐに通りに面しているような場所にも安心して設置することが出来ます。さらに扉を開けたままの状態にしておくことが簡単に出来るという特性から、高齢者や車椅子を利用する際にも使い勝手がよく安心して使えるところが魅力です。