自分の家に合う引き戸の探し方とは

畳を敷いた和室ではなくフローリングのいわゆる洋室が家の部屋の中でほとんどだという家が増え、和室を一つも持たないという住宅も少なくありません。和室というと障子やふすまといった昔ながらの引き戸の建具を使用したスペースがほとんどのため、横の引く扉というとどことなく和室に設置するものというイメージを持つ人は少なくありません。けれど、昔から日本の受託で使われてきたこの横に引くタイプの扉は実は様々なメリットがあるもので、現在は和室だけでなくフローリングの洋室や玄関扉としてもそのよさを生かした形で採用する住宅が増えています。古くからの日本家屋は木と紙で出来た建具で生活してきました。現在はそうしたものばかりでなくバリエーションが広がっていることで、より使い道が広がっています。

デザインも豊富でどんな部屋にもあう引き戸

横に引いて開閉する扉といえばふすまや障子を思い浮かべがちですが、開け閉めをするときに開き扉のように場所をとらないところや、開けたままにしたり少しだけ開けたりといった調整が出来るところなどの便利だが見直され、和室以外にも活用されるシーンが増えました。開けたままにしておいても開き戸のようにドアストッパーも必要ないので、ベビーカーや車椅子などでの利用にも便利です。さらにデザインが豊富になっていることでも様々な場所で使われるようになりました。和のイメージのものばかりでなく、モダンな印象のシンプルなデザインのものも多く、リビングへの出入り口や洋風の外観の住宅にもしっくりとなじむ魅力的なデザインのものがたくさんあるようになり、デザイン性と機能性を兼ね備えた建具としてより選びやすくなっています。

横に引いて開閉する扉を取り入れるときの注意したいこと

便利で機能的でデザイン性も高い引き戸が増えているのですが、横に引いて開閉する扉にもデメリットはあります。まず開き戸タイプのものと比較すると機密性の点で劣ることです。玄関に設置する場合には機密性の高いサッシのようなものも多いのですが、部屋の建具として使用する際には開き戸タイプよりも機密性が劣る分、音などが漏れやすいといった点はデメリットの1つです。また、横に開閉するタイプなので、開閉する面の壁面にはコンセントなどを設置できない点も注意が必要です。そのため横に開くタイプの扉を採用したいと思っても、壁面のスペースを確保できないために設置できないというケースもあります。横開きの扉の場合レール部分の掃除が面倒という意見も多いのですが、最近はつり戸タイプの引き戸もあることでより便利になりました。